お問い合わせはこちら

049-256-7771

受付時間 平日 9:00~17:00
     土曜 9:00~12:00

薬剤部

所属長メッセージ

医薬品の責任者として効果から副作用まで積極的に支援し、患者さまの安全な薬物療法へ寄与します

そのため薬剤部の中央業務である調剤や注射調製、医薬品情報管理はもとより病棟専任薬剤師を配置し、入院患者さまの薬物療法を積極的に支援する体制で取組んでいます。
また、救急受入病院として、24時間・365日対応するため、夜間当直や日祭日の日直を行っています。
薬学教育への貢献として、薬剤師を目指す学生の実務実習を受け入れ、次世代を担う薬剤師の教育にも取り組んでいます。

薬剤部長 上野 拓(薬剤師)
日本病院薬剤師会、東京都病院薬剤師会
埼玉県病院薬剤師会
医療安全管理者養成研修修了

仕事内容

ローテーションにより、中央業務、病棟業務などを行う体制になっています。
朝礼後は各々その日の担当業務に分かれ業務にあたっています。

 

内服・外用・注射薬調剤業務

主に入院患者さまが使用するお薬の調剤を行っています。

電子カルテの導入も行っており、薬歴を確認し医薬品の相互作用や重複投与の防止を薬剤師にて行っています。

患者さまの体重・年齢・腎機能・各検査値などが処方箋に反映される仕組みになっており、病態も把握し、患者さまが安心・安全に服用できるよう調剤・監査しています。

製剤業務

薬剤部では高カロリー輸液、及び抗悪性腫瘍剤処方について混合調製を行っています。

混合調製する際に、薬剤師は注射剤の特徴(無菌性、異物混入防止、液性など)を十分に理解し、安全性の高い注射剤が患者さまに投与されるよう心掛けています。

高カロリー輸液は調製室のクリーンベンチ内で無菌的に薬剤師が混注を行い、各病棟へ払い出しています。また、入院・外来で使用される全ての抗悪性腫瘍剤に関して、外来化学療法室にて安全キャビネット・閉鎖式薬物移送システムを使用し、曝露しないよう細心の注意を払い調製を行っています。

医薬品管理業務

当院採用薬品数は約1100品目あり、調剤室内の医薬品の在庫管理を行い、医薬品の購入・供給・品質管理を行っています。

調剤室内の医薬品数量・発注数量はコンピューターで管理しており、適正在庫数を確保できるよう日々努めています。

定期的に棚卸を行い、医薬品の在庫数量、使用期限を厳しくチェックし管理を行っています。

医薬品情報管理業務(DI業務)

医薬品に関する情報を収集・評価・分類・整理・加工などを行い、患者さまならびに医療従事者へ情報提供を行っています。

採用医薬品の管理やDIニュース発行を行う他、簡易懸濁法の適正可否、腎機能低下患者への用量調節などの情報を電子カルテに掲載し、多職種が閲覧できるよう管理しています。

外来薬剤指導業務

・入院前服薬指導業務

入院予定の患者さまに対して服用中の医薬品、術前休薬の必要性、副作用・アレルギー歴の確認など事前に情報収集し、リスクの未然回避に努めています。

 

・外来化学療法業務

外来化学療法室にて医師の診察前に薬剤師が患者さまと面談を実施しています。

面談で得られた情報を元に効果と副作用のモニタリングを行い、必要に応じて医師に処方提案を行っています。

また、レジメンに沿った適切な化学療法を提供できるよう治療スケジュールの管理を行っています。

病棟薬剤業務

持参薬鑑別、内服・外用・注射薬の処方監査、処方内容に対し医師へ疑義照会・処方提案、医薬品の配薬、カンファレンスへの参加などを行っています。

患者さまに対して医薬品の内容・使用方法・管理方法を説明し、患者さまやご家族が積極的に薬物治療へ参加できるよう支援しています。

チーム医療

医療が高度化・専門化・細分化する中で、検査・診断・看護・薬物療法・社会資源のサポートなどをそれぞれの専門職が一丸となって支えています。

●栄養サポートチーム(NST)

週3回ラウンドを行い患者さまの既往歴や栄養状態に応じた栄養管理計画書を作成し栄養サポートを実施します。

栄養状態の改善・治療効果の向上につながるよう経口摂取の可否や経腸・静脈栄養など患者さま個々に応じた栄養療法を提言・選択しています。

●褥瘡対策チーム

週1回深い褥瘡がある患者さまの回診をチームで行っています。

医師、看護師に加え、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師、医療事務、MSWと様々な職種が集まり、褥瘡を治療するための提案を行っています。

薬剤師は現在使用している医薬品の情報提供や外用薬の検討などを行っています。

●抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

抗菌薬使用の検討・最適化を行うためにラウンドを行い、不適切な抗菌薬使用の削減、抗菌薬による有害事象防止、医療費削減に携わり薬剤耐性菌対策として患者さまへの抗菌薬の使用を適切に管理・支援しています。

教育制度

<教育・インターンシップへの取組み>

次世代を担う薬剤師の教育や薬学生の実習指導、インターンシップの受け入れを行っています。

実務実習やインターンシップにおいては、チームの一員としての薬剤師業務を実習して頂き、医療人としての視点を持った学生教育を目指しています。

●実務実習・インターン・見学受け入れ実績(2019年度)

研修項目  
実務実習受け入れ 12名
インターン受け入れ 26名
見学受け入れ 18名
薬剤部インターンシップ受付中(表)
薬剤部インターンシップ受付中(裏)

当院の強み

●急性期すべての病棟に専任薬剤師を配置

病棟毎に各チームに分かれて、複数名で病棟業務を行っています。

●プログラムに沿った新人教育

新入職員は1年を通して中央業務、病棟業務、日直・当直業務を行っていきます。

業務を行うにあたり新入職薬剤師業務チェックリストを作成し、項目に沿って業務を行い先輩薬剤師と進捗状況を確認しフォローを行いながら、薬剤師として成長できるよう体制を整えています。

●継続的な自己研鑚を支援するプログラム

薬剤部では1年を通して勉強会のスケジュールが組まれており、病棟毎の症例報告会・外部講師を招いての勉強会など定期的に開催しています。

薬剤部全体で知識を磨き、薬剤師としてのスキルアップにつながるよう努めています。

専門・認定薬剤師取得状況

領域に特化した薬剤師が在籍しており安全な薬物治療を支援しています。

専門・認定薬剤師数(2020年4月現在)  
抗菌化学療法認定薬剤師 2名
感染制御認定薬剤師 1名
NST専門療法士(薬剤師) 2名
外来がん治療認定薬剤師 1名
日本褥瘡学会認定師(認定褥瘡薬剤師) 1名
救急認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 6名
AHA BLS Provider 3名
AHA ACLS Provider 2名
医療安全管理者養成研修修了者 1名
 

スタッフ

人 数   薬剤師 24名 調剤補助者 4名 計 28名

男女比   男性 9名、女性 19名(3:7)

平均年齢  32歳

(2022年4月現在)

平成30年度 院内講師実績

研修項目 題名 講師名
ICTセミナー 繰り返し起きている医薬品事故事例 上野拓
医薬品安全研修会 抗菌薬が効かない時代が来ないように今日からできること 天野永生

平成30年度 研修実績

研修内容 回数
他部署勉強会 41
外部施設合同説明会 0
薬剤部勉強会 38
薬剤部症例検討会 19
IMSグループ薬剤部 専門領域育成セミナー 5
IMSグループ薬剤部 年次別研修会 2
IMSグループ薬剤部 薬剤師研修会 1
IMSグループ薬剤部 中堅管理職研修会 1
IMSグループ薬剤部 薬剤部長研修 1
IMS本部 目標管理研修会 1
外部施設研修会 15

FAQ(よくある質問)

Q 新人薬剤師スケジュールはどうなっていますか?

A 入職後2か月は中央業務(内服・注射調剤)、無菌製剤業務を行います。

3か月目から病棟業務(薬剤管理指導業務)と兼務します。

 

Q 日当直はいつから行いますか?

A 日直は入職後4か月目(8月)、当直は入職後5か月目(9月)から行います。

 

Q 業務編成の頻度はどのくらいですか?

A 新入職員が病棟業務へ介入する時期など適宜、業務編成を行います。

 

Q 小児科病棟での業務内容は?

A 患児本人だけでなく、患児のご家族に対して持参薬確認や服薬指導、服用支援を行っています。

小児に用いる医薬品には使用方法に注意を要するため、ご家族に対して医薬品の適正使用に関する助言を行うことも重要です。

 

Q ハイケアユニット病棟での業務内容は?

A 意識・呼吸・栄養・循環・感染など患者の状態把握を行い、医薬品の適正使用に寄与しています。

また、配合変化などのルート確認、処方提案、副作用モニタリングなど他職種と連携を取りながら業務を行っています。

インタビュー

写真をクリックして、インタビューや1日のスケジュールを見てみましょう!

救急認定薬剤師・NST専門療法士
抗菌化学療法認定薬剤師・感染制御認定薬剤師
外来がん治療認定薬剤師
小児科病棟薬剤師
薬剤師・新卒入職