お問い合わせはこちら

049-256-7771

受付時間 平日 9:00~17:00
     土曜 9:00~12:00

リハビリテーション科

所属長メッセージ

当院では超急性期から在宅まで、赤ちゃんから高齢者まで幅広い層の患者さまのリハビリに対応しています。 リハビリを必要とする全ての人に適切なリハビリを提供し、患者様ご家族様と共に納得できる生活を実現する。 そんなリハビリを当院では目指します。 多様な疾患に対して評価・治療を行うことに尻込みしてしまうかもしれませんが、先輩達がバックアップする体制を整えています。新しいこと、未知のことに前向きにチャレンジすることで、昨日よりもできることを増やすことができます。 幅広い疾患を経験してみたい方は是非一度見学にお越しください。

仕事内容

理学療法士(PT)作業療法士(OT)言語聴覚士(ST)が各担当患者さまへリハビリテーション介入をしております。入院患者さまだけではなく外来リハビリや訪問リハビリにて、様々なステージのリハビリを提供しています。

医師、看護師を始めとした、他職種と共に患者さまの病状や病前の生活環境をご家族さまを含め、情報を共有し最適な介入が行われるよう、チーム医療を推進しています。

特徴・強み

集中治療室を含む超急性期・急性期・回復期の機能を持つ多機能型病院です。訪問リハ、小児リハ、心臓リハなど、総合病院としては特徴的なリハビリも行っており、あらゆる患者様の発症~在宅生活に関わる経験を得ることができます。特定の領域に留まらず様々な視点・考え方を身に着け、ステージに応じた支援に繋げる事で、根拠を持った治療が行えるセラピストを目指します。

教育制度

経験年数3年目以上のセラピストが、入職時からマンツーマンで指導に当たります(プリセプター制度)。その他にも院内、リハ科内、班内での勉強会が随時開催されており、セラピスト、医療者として臨床に必要な知識と技能を学ぶ機会があります。

また、認定資格者が多数在籍しており、専門的な領域を学ぶ際にもフォローアップ体制が整っています。

【主な認定資格取得者】

3学会合同呼吸療法認定士:2名

心臓リハビリテーション指導士:1名

福祉住環境コーディネーター:1級1名/2級8名

認知症ライフパートナー2級:1名

BLSヘルスケアプロバイダー:3名

青森糖尿病療養指導士:1名

スタッフ

人 数   68名

男女比   男性 29名、女性 39名(2:3)

平均年齢  28歳

(2022年4月現在)

FAQ(よくある質問)

Q 新人教育制度はどのような過程で行われますか?

A プリセプター制度で配属先の先輩から指導してもらえます。

治療などの患者業務から書類作成などの一般業務まで、一年間を通して業務に必要な内容を学んでいきます。

 

Q 配属される班はどのように決まりますか?

A 事前にご本人にアンケートを取ったうえで、班の構成人数や男女比を考慮して決定しています。

 

Q 勉強会などはどの程度開催されていますか?

A 実技と座学を含め、リハ科主催の勉強会を月に2回程度開催しています。

その他にも班主催の勉強会が月に2回程度開催されています。

 

Q 班の移動はどのぐらいのサイクルで行われていますか?

A 本年度から年に数回の頻度で班移動を行っています。

基本的には4-5年程度で全領域を経験できるように移動頻度を検討しています。

 

Q 出勤形態や休日の申請はどのように行っていますか?

A 基本的には在籍する班ごとの管理となっています。

一日に決められた人数内であれば希望した日にちに休日が取得できます。有休や連休の取得にも特に制限は設けていません。



 

インタビュー

写真をクリックして、インタビューや1日のスケジュールを見てみましょう!

作業療法士・係長
理学療法士・中途入職
言語聴覚士・若手職員
言語聴覚士・新卒入職
言語聴覚士・副主任
言語聴覚士・中堅職員